今では、水道の蛇口からあたりまえのように出てくる水。私たちの毎日の生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)に、欠かす事は出来ないでしょう。けれど、最近では飲料水(水道水は水道法、ミネラルウォーターは食品衛生法によって基準値が定められています)として水道の水を飲む事を敬遠行う方 が増えているみたいですよが、そになる原因とは一体どんな事なのでしょう。まず、水道水(日本では公共事業ですが、フランスやイギリスでは民間企業が行っています)には身体に悪影響(悪い影響、良くない影響をいいます)を及ぼす害のある物質を含んでいる可能性があると言われていて、一般的には「トリハロメタン」、「ダイオキシン」、「鉛」等があげられるでしょう。飲料水(地域にもよりますが、生水を飲むのはよくないなんていいますね)としても供給されている水道の水は、水道法と言った51項目にも渡る水道水(ミネラルなどの含有量は原水の水質によって左右されます)質基準を満たしていなければならないのです。その為に、塩素を加える事で有害物質の殺菌を行っていますよが、さいきんの環境汚染もあって、浄水場にて投入されている塩素の量は増えてきています。この塩素が水の中に残留行う場合によって、トリハロメタン(クロロホルムやブロモジクロロメタン、ジブロモクロロメタンなどの総称です)と言った発がん性物質が発生する原因となります。河川や地下水に含まれる可能性のあるダイオキシンにも発ガン性が認められているでしょうが、ろ過では除去してきれない程小さな物質のために、水道の水の中に含まれる恐れがありますね。以前の水道管に使用されていたのが鉛です。鉛には水に溶け易い性質があり、また体内に入ると排出されにくい特徴も持っています。鉛が体の中に蓄積されてると、脳に悪影響(悪い影響、良くない影響をいいます)を与える可能性があることでも知られています。その危険性から現在では水道管に使用する事を禁止されていますが、以前の水道管を使っているおうちはまだ数たくさん見られるのでます。そのため、水道の水に鉛の成分を含んだ可能性があるかも知れませんねー